ビルトホームの快適性へのこだわり

ご家族との団欒のひと時やお子様の成長の過程でたくさんの思い出を作り出してくれるマイホーム。安心して暮らせることはもちろん、快適で健康に暮らせることもまた重要なことであります。ビルトホームでは、住まいの快適性にもこだわりを持って住まいづくりをおこなっています。

ビルトホームでは、快適に健康に暮らしていただけますように、換気や省エネルギー対策にこだわり、経済的で快適な暮らしをご提供しています。
また、家族の成長に合わせて間取り変更が可能なSI(スケルトンインフィル)を採用し、耐震性の高いI.D.S-V型工法により高い自由度と耐久性を実現しました。

ビルトホームの快適性へのこだわり

ホルムアルデヒト対策最高等級取得

健康に暮らす住まいの環境性能として重視されるホルムアルデヒト対策

ホルムアルデヒド対策3(最高等級)
シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの放散量が少ない、厳選された高品質の素材を使用することで、暮らしやすい空気環境を確保しています。

換気対策24時間対応
嫌な臭いや湿気から住まいを守り、シックハウス症候群の原因となる有害物質の排除にも効果が期待できます。

省エネルギー対策上位等級を取得

省エネルギー対策等級3(上位等級)

これからの住宅に必要な省エネルギー対策として断熱構造を高めるとともに、窓ガラスに二重構造のペアガラスを採用し、冷暖房効率の向上を図っています。

透過損失対策等級2(標準仕様)

全てのサッシに二重構造のペアガラスを採用することで、外部からの騒音を遮断する遮音性能に優れています。

SI(スケルトンインフィル)住宅

スケルトンとは、耐久性を高めた建物の構造体のことをいい、インフィルは、間取りや設備など内装を指します。
スケルトンとインフィルを明確に分離すれば、ライフステージや生活スタイルの変化にインフィルの改造で対応できるため、スケルトン自体は長期的に有効活用することが可能となります。
例えば、新築する際に1階にリビング、寝室や子供部屋は2階に設計した場合を例に考えてみましょう。
その数年後、お子様の独立や結婚、住み手の高齢化、また、2世帯での同居や孫の誕生などによって暮らしは変化していきます。そこで、居室の間取りを変更したり、広いリビングに再設計することで、住まいとのお付き合いもより長く、より快適になっていくはずです。
人が住まいを選び、変えるのではなく、住まいが暮らしに合わせ変化する。SI住宅なら、高い柔軟性で対応することが可能です。
せっかくご購入いただいたマイホーム。
ご家族の成長とともに、いつの時代にも使いやすく、暮らしやすい住まいをご提供することを実現しています。

I.D.S.V型工法

I.D.S-V型工法は、住宅性能表示制度に対応した木造軸組-パネル工法であるI.D.S-Ⅲ型工法の良さをそのままに、さらにライフステージの変化にフレキシブルに対応するため、SI(スケルトンインフィル)住宅を実現しています。
耐久性の高い構造とともに、間取の変更も容易に行うことが可能な住宅です。
徹底した工場生産(プレカット・パネル生産)に加えて、集成乾燥材や当社独自開発のオリジナル耐力壁パネル(大臣認定を受けた壁倍率5倍の外壁耐力パネルや3.7倍の内部耐力パネル)など、精度・品質のよい部材・設備や独自開発の24時間換気システム「エアリーンII」等の使用により、住宅性能表示において、高い評価を受けています。
I.D.S-V型工法(SIスケルトンインフィル住宅)は、ライフステージの変化にフレキシブルに対応し、耐久性の高い構造とともに、間取の変更も容易に行うことが可能です。